logo3.bmp 2010年、バージョン3となる城福東京の進化は止まらない!味スタ満員を達成しよう! 

ban_tc2010_w428_mov.gif

2010年03月12日

埼スタで自分的開幕です

味スタ開幕戦、やむをえない事情で消防署で研修してました。
携帯見たい!でもロープ渡り中。
携帯見たい!でも放水訓練中。
でも見たい!見たいよ〜!な感じで過ごしてました。

それでも、オフィシャルからのメールを休み時間に確認、「90+1平山」を見て、周りを気にしながらもガッツポーズ!嬉しかった。
そして現地に居れなかった事が悔しかった。

で、いよいよ明後日、自分的開幕です。
マリノス戦のTBSの録画を3回見て予習。
感じとしては、最後の体張ったDFが効いてた。
こういうの森重が大分で得意にしてたパターンかな。
でもその前のエリアでは結構好き勝手やられてた印象。
山瀬は怖かった。もうちょっとゲーム感がある時期だったらやられてたかも。
シュートのうまい個人がいるチーム相手だとちょっとまずい感じ。
それでも、梶山と石川は役者が違う雰囲気で、最後はきっちり決めてくれるこの安心感。素晴らしい。
あ、椋原は良かった。バンバン仕掛けていってクロスあげまくって。
なにはともあれ最後にバチッと決める平山最高。

明後日。今度こそ勝てるのか。
勝てそうな気がするなぁ。
浦和、調子悪そうだし。
スピラノビッチが出るとか出ないとか。
エジミウソンが怖いなぁ。
埼スタ開幕戦ということで、レッズサポーターも気合い入りまくりでしょうが、盛り上がったスタジアムを、チーーーーンとさせる東京イレブンが見えます。
ため息が渦巻くスタジアムで、会心の突き上げ型ガッツポーズを決める城福監督が見えます。
1−2くらいでしょうか? 1−3くらい行っちゃうでしょうか!

というわけで、私的開幕戦、気合いを入れて臨みます!
財政難で新ユニフォームは新調できなかった今年、背中が開いていた古いユニフォームに手作りプリントで背番号を入れてみました。
肩には「JOFUKU」を背負い、背番号は「あ゛ーー!!」です。
手作りだけあって、ちょっと味がある仕上がりになっちゃいましたが、今シーズンはこれを背負って城福監督を男にする所存です。
みなさま、よろしくお願いいたします!

妻と子供も連れて行きます!
それでは埼スタゴール裏で!

posted by pepper at 23:37| Comment(2) | FC東京 雑感

2010年03月01日

また東京を好きにする青赤なオフ会

先日 CAFE LIVREさんで開催された青赤なオフ会に、今年も参加させていただきました。
昨年に続き2回目の参加。去年もドキドキでしたが、今年もドキドキ。
サポーター歴もブログ歴も中身も、参加するにはどうなんだ?と気後れする中、この会の魅力にひき寄せられ今年も参加することにしました。
inadaさんは、参加者のブログを一つ一つ見てくれて、ちゃんと一言付きで紹介されていました。この手間の掛け方にまず今年も感動。
名札含め設営のみなさん、ありがとうございました。

みなさんBlogやtwitterで語る方なので、やはり何か胸に持ってます。
そして言葉にする。熱かったですね。
クラブの社長にtwitterの利用方法で問い詰める程熱かったですw。
「その話を社長にしても。。」とも思いましたが、そこが東京らしいんだなと。そこをクラブの社長に飲み屋で直接詰め寄れる空気こそが東京なんだろうな、と納得。でもtwitterとwebニュースの速報性の違いについて理解しているか質問されて、ちゃんと受けて立とうとする社長が素敵でした。
素敵といえば、髪の毛がフサフサだったら、それなりに良い男なんじゃないですかねぇなんて、あかおにさんに話しかけましたが、答えはうやむやな感じでした。
この社長に直接いろいろ聞けるっていうのもこのオフ会の大好きなところ。
他の場所でばったり会っても、いきなりは質問できないけども、お酒が入る場所だし、社長もさぁ来い!って感じで質問受け付けてるしね。
で、私の質問は
「10万人って、どうするんですか?」
でした。
もう、これ聞きたくて。どんな腹づもりで「チームサポーターメンバー10万人」って言ってるのか。なんか、ババーンとキャンペーンとか考えてて、
「この時期にはサポーターも一丸となってドッカーンってお祭りにしちゃってね!」、、、とか考えがあってのことなのか、とかね。
「ポストW-CUP」なんて思わせぶりなキーワードもあることだし。
でも答えは、企業トップが社員に訓示するように。


「どうするって、君はどうするつもりなんだ?」

って感じで(笑)。やっぱりー!ってちょっとコケましたね。
「ここにいる人たちが一人100人捕まえればもう××人でしょ?」とか。
「僕はもう300人入れます!って人知ってるよ」とか。
はい、その通りですね。ネズミ講と言われようともタヌキ講と言われようとも勧誘しまくるしかないですね。
みなさん、がんばろう!
まずは、開幕戦ですね!
(実は参戦できないんですが、、、ボソ)

 

あと触れずにいられないのがスポンサーのお話。
お付き合いには始まりがあって終わりもある。
そこには社会の、人としての礼儀もあるでしょう。
引かれていくにも、礼を尽くしていただいた企業さんには感謝が絶えない。
一方では、あまりの引きっぷりに目がテン、というところも。
まぁ、それぞれの立場の違いで起こった事を一方から又聞きしてのお話なので善悪なんてオコガマシイですが、親分がイヤッ!って言ってんだから私もなるべく避けて通るようにいたします。

もうひとつ。これ、どうでもいいグダグダな話なので流してください。
「今年は首都のクラブとして一皮剥ける!やってやる!」と豪語する東京ですが、これに呼応してサポーターの中にも本気でJを牛耳るようなクラブを目指そう!という声が上がっていました。
で、こういう話を聞いたり、読んだりするたびに自分の中で葛藤が始ります。でもいつも答えは出ない、というか出したくないという結論で終わるんですが、私は「自由気ままな感じなサポート」の東京が好きなんですね。
でもサポーターの数でも日本一のクラブになってもらいたいし、運営費なんかも潤沢な感じでプレイヤーの年俸もたくさん払ってあげられるようなクラブになってもらいたい。
これって、相反しないのかな?と。私は相反する道しかない気がするんですね。
ゴール裏やスタジアム観戦に無言の制約ができちゃったり、声の大きい集団に盲従するような場面をたくさん見ることになったり、プレイヤーもヤな感じの対応する人が増えちゃったり。
だから、成長してほしい半面、このままでも十分じゃない?っていつも葛藤しています。
どうでもいいんですけどね。なるようにしかならないし、問題が起こって解決していくうちに文化になっていくんだろうし。
でもなぁ〜、いまの東京楽しいしなぁ。とか思ってます。
だから何なんだ?ってところにすら行きつかない、グダグダな話でした。

 

さて、今日(昨日?)は浦和のチケットも取れたし(10時ちょうどの息子のうんこ処理であきらめてたのに25分後の再チャレンジで奇跡が!)、湘南戦のプレシーズンtwitterも観戦できたし、SAJILOcafeでマトンカレーも食べたし、書きたかったオフ会の話も書けたし、権田もリフティングしたし、明日(今日?)は結婚10年目の記念日だし(記念日をケンカしない時に迎えられたしw)、なかなか良い一日でした。
おやすみなさい。

posted by pepper at 01:29| Comment(5) | FC東京 雑感

2010年02月15日

韓国戦 岡チャンそこは不合格

まぁ、みんな怒ってるけどさ。まだシーズン前のプレーヤーがやってるゲームだし。いくら日本代表になってるプレーヤーだって試合勘がなかったりするのはしょうがないと思いますよ。
岡崎の超絶ダイビングヘッドだってさ、ゲームを積み重ねてないとできるわけないし、パスが少しずれるとか、想像力がないような場面だってこれからでしょ。
かと言って、これからの代表に期待しているわけでもないけれど。

でも、これだけははっきり言おう。
最後は、寿人さんではなく、ヒラヤマだったと。
岡チャン、そこは間違ってる、そう不合格。
もっといえば、ヒラヤマ先発が正解だからね。

なんか、似たようなフォワードをたくさん入れてもしょうがないんだよ。
もう、極端にいえばどんぐりFWたちは、直前に一番調子いい奴を摘まんで行くしかないと思うんだよね。絶対的なストラーカーって日本にいないんだから。
で、替えが効かないのがヒラヤマでしょ。ここは、心中するつもりで育てないと。

使って使って使いまくって育てないと。覚悟決めようよ、そこは。
ヒラヤマを最初からだろうがスーパーサブだろうが入れなくちゃいけないゲームが必ずあるんだから。そん時にゴールの可能性がなくていいの?
逆転の可能性がないゲームなんて見たくないんだよね。

「海外組が1−2名入れば前に進める」って。もちらんそうだろうけど、海外組に夢はないじゃん。
いまオレに必要なのは夢なんだよね。

ベスト4じゃなくていいから。
でも世界は驚かせたいじゃん。
それには劇的な何かがないとさ、夢見れないんだよ。
調子が去年の絶好調レベルに戻ればナオでもいい。他に驚異の新人が出てくるかもしれない。重松とか。(東京だけじゃなくてもいいんだけど)
でもさ、今から一本、6月まで見据えられる夢はヒラヤマしかいないでしょうよ。
なんで腹くくれないかね。
ヒラヤマを長い時間使ってオシム時代から培ってきた「日本人らしいパスサッカー」が壊れるのが怖い?

へっ、それがビビりだっていうんだよ。
そこの帳尻合わせるのが代表監督ってもんだろ。
だいたい、そんなこと言ってられない時間帯だってあるんだよ。
韓国戦はどうだったよ。あと15分で2点入れなくちゃいけなかったんだろ。
オレはさ、ホントにがっかりしたよ。コーチがさ、ゴール裏でアップするバックアップのとこに走ってきてさ、「ヒラヤマ点取ってこいよ!」って叫んだらさ、

「寿人」

だよ。は?そんな人、この時間にはいませんよって思ったね。
ドローには2点、勝つには3点、優勝するには4点必要な場面で。
FK、CKはどうすんだよ。3分前になっても2分前になっても後ろから繋ぐのかよ。冗談じゃない。

ヒラヤマに当てて当てて当てまくるんでしょう?
それを拾って拾って拾いまくるんでしょう?
パウワープレイなんでしょう?しないの?しかも、トゥーリオ出てっちゃったんだよ?やんないの?やる気合いがないの?スピリットが足んないの?
たらねーんだよ。

 
・・・昂ぶってきましたが。
 

ま、他の方のブログでも書かれてましたがハーフタイムの「バレンタイン企画」とか。萎えますよ。2002年の熱さって、本気で一体になんないと戻ってこないのにね。多摩川クラシコの煽りビデオ貸してあげようか?
そんなだからスタンドもさ頑張れないんじゃないかなぁ。
ゴール裏メインスタンドよりは、ちらほら声出してました。でも、点取られた跡とかの「切り替え」遅し。がっくーん、って音が聞こえて沈んじゃうんだよね。
この辺の切り替えは東京で勉強したので、途切れないですよ私は。
3人目がヒラヤマじゃなかった時は、切り替えられなかったけど、しばらく。
それでも、がっくーんってしてる前の女の子に向かって大声張り上げてましたよ。まずは、こいつを奮い立たせよーって思って。ちょっとは伝わったかな。隣人を奮い立たせられない声じゃ、プレーヤーを奮い立たせる声が出来上がらないしね、って代表応援2試合目の人が言ってます。

本気じゃないとね。伝わらないし。
代表の応援で本気になって、帰りには声でなくなりました。悔しかったから。

という事でうだうだと書きましたが、まとめると、
 

代表よ、ヒラヤマ出せよ、夢をくれ、
目覚めろヒラヤマ、剥けてくれ。

 
という事でした。おしまい。
posted by pepper at 22:50| Comment(0) | FC東京 雑感

2010年02月10日

平山4発で長友は風邪、岡ちゃんは焦り気味?

平山が相変わらずがんばっている模様。
中国戦では遠慮してんのか、ビビッてるのかって感じで動きが悪かったけど、今日のニュースのコメントなど見ると吹っ切れた模様。
そうだよ平山、自分で言ってたじゃん、
「代表?関係ないです。チームでがんばります」って。
失うものは無いんだからさ。思いっきりプレーすればいいよ。
香港戦はさ、のびのびと、好き勝手に。
昨日の練習試合では、強烈ミドルもあったみたいだしね。

 
「自分を信じていれば、W杯もついてくるっス」ってコメントを期待してます!
 
長友君は風邪だそうです。お大事に。
 

日本代表のこの練習試合は急遽決定したようです。
岡田監督的には、中国戦で散々たたかれて、これは何とかしなくちゃ、とか思ったんだろうね。
ベスト4なんていいからさ、実力出し切りました、これが今の限界です!

ってゲームをしてほしいね。
負けるにしても、一昨年のガンバvsマンチェスターUみたいな。
あのゲームはJを応援してる者として感動したからね。
今度のW杯は、日本を応援するものとして感動したい!
 
練習試合自体は、日本代表が10ゴールで内平山4ゴール。いいシュート練習になったんじゃないかな。

僕は、香港戦をスルーして韓国戦に行く予定。
今度は国立だから、味スタでの代表戦よりは気が楽かも。前回で慣れたしね。
キム君も出れれば良かったのにね。
日韓戦、いまから楽しみです。

posted by pepper at 02:38| Comment(0) | FC東京 雑感

2010年02月06日

極寒の、代表でも2.5万人の味スタへ

代表戦、行ってきました。久々の味スタ。この時期に行けるのはすごくうれしいね。
とにかく寒そうだということで、ヒートテック、セーター、ハッキンカイロ2つ、サーモスには熱いコーヒー。
バックスタンド寄りで座って静かに観戦しよう、と思ってたのに、いざ現場に着くとやはりゴール裏の雰囲気にひきつけられてしまいました。
でもこの場所で、小笠原だの玉田だの岡崎だののコールをするのは、違和感ありすぎ。。。ほんと最初は声出すのやだった。。。
代表は国の実力がそのまま出るから、応援しててもなんとなく勝ちにこだわれなかったし。
早く、心から東京を応援したい!
 
さて、ゲームはベネゼイラ戦と同じく、あんまし面白くない感じでした。
中盤は、ちょっとプレスが厳しいと何もできず、かといって打開の工夫もなく。
ラストパスもタイミングが遅いし。
グネングネンと回して下げてとられる。
しゃきっとせんかい!って感じでした。
 
やっぱりSAMURAI BLUEってからには、日本刀一閃!みたいな切れ味のある攻撃が見たい。
はっきり言って中国ごときのプレスで追い込まれちゃうポゼッションってうんこだよね。
W-cupじゃもっとプレス厳しいんだろうし、そんな中でゴールの可能性がありそうな切れ味鋭いう攻撃が5回、10回って出ないといけないと思います。
 
平山もぱっとしなかった。いや、平山が入ってからの方が良かったけど、ゴール裏も盛り上がったけれども、“切り札”って感じじゃなかったなぁ。
もっとエゴイスティックになれよ平山。自分でも言ってたじゃん。
バンバン勝手に裏に抜けて走っちゃえよ。ボール出てくるよきっと。ボール見すぎ。
 
あやうくPKとられた時は、あら、負けちゃうよってビビったけど。
韓国戦も行く予定なので、進化を見せてほしいです。
 
まぁ、ゲームはいまひとつでしたが、それでも味スタでフットボールが見れる幸せを味わって帰ってきました。
長友と平山も見れたし。平山のコールが一番多かったしね。楽しかったです。
 
で帰りのバスの中でいろいろ考えていて、前のゲームといい、今日のゲームと言い、犬飼さんがおこちゃって、香港や韓国とのゲームでも良い結果がでなくて、岡田クビ!みたいな話になって、日本の切り札は城福しかいない!なんて言い出して城福さんまで代表に持ってかれちゃう、なんてことを妄想しちゃって。
そんなことになりませんように。
posted by pepper at 22:15| Comment(2) | FC東京 雑感

2010年01月08日

俺たちの2010年がやってきた

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

明けてすぐからOZ滞在中で、
イエメン戦を思い出し、「しまった!録画忘れた!」
とか思ってたらなんとTV放映なし。
子供もいるので夜更かしもできず
web観戦もできませんでしたが、平山君がやっぱりやってくれました。
昨年、平山が代表に選ばれそうだという報道を見て、ダイビングヘッドで3発くらい決めてみんなを「あっ!」と言わせようと書きました。
もうその通り!見事に3発。
今年の平山は東京に、そして日本に何をもたらしてくれるのでしょうか。
俺の2010年がやってきた、そんな年明けです。

これからもう少し戦力補強のニュースが出てくると思いますが、ACL放映料なし、メインスポンサー未定の状況で強化部は奮闘していることでしょう。本当にごくろうさまです。
特に城福監督は監督の仕事を超越して、中心選手の残留交渉を含め強化の面でも獅子奮迅の活躍です。
1年目、2年目とチーム改革をしながらも結果を残し、順調に歩んできた城福東京。
しかし。
オシム後の千葉、昨年の大分、そして今年の川崎(!)。
偉大な監督が去り、すべてが崩れていくのがJ、いやクラブチームの世界です。
今年の東京が順調にいくことを願って止みません。
W杯の代表に6人も入ったら調整不足で、開幕が心配だよう、、とか書こうと思いましたが、書いてるうちに嬉しさの方が勝りました。
リーグもカップもW杯も全力で行けばいいですね。
逆境こそ城福東京のフィールドです。

そういえば、成田でチェックインしていると、隣に見たことのあるでっかい外人がいました。奥さんも185はあろうかとういうモデル体型。
「あんたケネディ?」
「そうだよ」
「おれ東京サポーター。でもお前いい選手(前日は天皇杯決勝)」
「おお、ありがとう」
的なやり取りをしました。
心の中では「隣のチームでモニが仕返しを狙ってるぞ」
とつぶいておきました。
(彼は来年も名古屋なのか?)
関連して、ネットを見てたら、浦和にオーストラリア代表DFが入るとありました。
義理の兄(英出身豪人)に聞いてみたけど知らなかったです。
代表歴も浅いですね、トゥーリオの代わりは厳しいか?
ケネディの事は知ってました。
ちなみに、ここアデレードからは今年のACLにアデレードユナイテッドが出場する予定。義理兄は広島遠征を楽しみにしてました。

さて、次はどんな補強の話題がでてくるんでしょうか。
楽しみですね。

posted by pepper at 13:49| Comment(0) | FC東京 雑感

2009年12月21日

平山!米本!権田!代表来た!

ついに発表されました!
平山〜とうとうこの日が来ました〜!
米本と権田は韓国撃破の勢いそのままに代表選出〜!
まずは、まずは、ここから、ここから。
 

その他、柏木、乾、金崎、山田、渡辺千、大迫などなど。
東京キラー(?)の吉田麻也さんも。
若いってイイ。それだけで夢も希望もわいてくるってもんだ。
ついでに大分菊池もがんばれよ。

でも、完全に1世代若返ってるよね。どう贔屓目に見てもフル代表とはいい辛い。
それでもチャンスの場であることは確か。
生き残れよ東京Boys!

posted by pepper at 17:23| Comment(0) | FC東京 雑感

2009年12月19日

ヤング東京、韓国で魅せる

何にも見てないのでスポーツナビとか読んで。
権田、スーパーセーブ連発だそうです。
米本も先発でしかもフリーキック蹴ったとか!
ゲームは山田(浦和)の2点で2-1日本勝利とのこと。
権田はリーグ戦フル出場ということで自信と技が一体化してきたのでしょう。
更なる成長を経て、スパープレーヤーになってください!
 
お相手の韓国のDFには来シーズンの東京加入者もいたようで、放映が無かったのが本当に残念でした。
 
来年の東京は若手中心。そんな中で今ひとつ、羽生キャプテンのプレイ精度が気になる中、
梶山の開幕微妙な話題もあり、かなり厳しい陣形になりそうです。
楽観はまったくできないどころか、一歩間違うと、奈落の底です。本当に。
一部、応援団長からはVの大黒なんて声も聞かれてます。
経験のあるプレイヤーがどんなときも泰然としてブレずにプレイする背中を見せることが大事。
勢いだけのチームでは、本当にありえないことがありえるから。
 
どんどん大きな舞台で経験を積んで、ヤング東京がJを席巻する様子を来年は見たいです。
ヒラヤマ君へ。君はもう若手ではないです。君の質がチームの質。
より大きなものを背負ってブレークしてください。
イエメン戦、期待してます。祈ってます。
posted by pepper at 22:39| Comment(0) | FC東京 雑感

2009年12月16日

終戦と平山代表(か?)

山形戦前の記事を書いてから1ヶ月。あのころはまだ天皇杯もACLも残ってたなぁ。
いまは、スポーツ新聞を賑わすストーブリーグが生きる糧となってました。
そんな中、いよいよ我らが平山のA代表デビューが適おうとしているようです。
周囲には「東京ビイキのかわいそうな男」と同情のまなざしを向けられながらも、
「ニッポンを救うのは平山しかいない!」と明言してきました。
そして今年の平山は努力を重ねついについに!
終盤は、素晴らしいヘッドでのゴールも記録した平山。
そんな彼が代表級(って代表なんだけど)のFWとコンビを組んでゴール前をかき回す姿がようやく見られそうで、すんごくうれしい!
 
年明けのイエメン戦ということで、6月のW杯を考えると、ここをものにするしかないぞ。
岡崎バリの飛び込みヘッドを3発くらいお見舞いして、まずは日本のみんなを「あっ!」と言わせよう!
やってやれヒラヤマ! 
 
東京からは他にも米本、権田の名前が挙がっているようです。
常連組の東京DF陣と石川含め、代表に呼ばれて良い経験を積むのは、城福東京にとっても素晴らしいこと。
逆に言えば、城福監督の目指してチームとして実践していることが、日本代表とリンクしているということで、城福東京は代表への近道!でもあるということです。
優秀なJリーガーのみなさん、代表狙うなら東京ですよ!
 
ついでにJの胸スポンサー熟考中のみなさん、東京への投資効率、かなり良いです!いますぐ電話を!
 
W杯出場でリーグ戦のコンディションが、、、とかあるかも知れないけど、それでも多くのプレイヤーにニッポンを背負ってプレイしてほしい。
今年はほくほくなストーブリーグが待ってました。
後はエース級のFW補強をバッチリ決めてもらって、バージョン3の城福東京を楽しみに冬を乗り切っていきましょう!
posted by pepper at 14:35| Comment(0) | FC東京 雑感

2009年11月12日

リーグ浦和と天皇杯草津

浦和戦。ゲーム前に沖縄そばを息子と食し、息子はガランとした沖縄そばの待機列用コーンをF1レースのように何回も周回する。
ゲームが始まり抱っこされた息子は、猛烈に東京のチャントに反応、体を上下に躍動させるも5分で熟睡。
ゴール裏の爆音の中、毎度毎度よく寝れるもんだと感心。

ゲームに専念できるのはとてもうれしい。
AWAYゴール裏の様子は「前ほど圧力のない」浦和が陣取る。
ゲームの中身的には「それほど勝ちたい訳でもない東京」が匂うゲームだった。
城福監督が言う「最後に奇跡を」起こそうというモチベーションはプレイヤーまでは伝わっていなかった印象。
もちろん、がんばってたし、ゲームの中身は東京が上回っていたけど、ゴールを奪う迫力を作るためにとことん苦労しよう、というモチベーションは沸いてこなかった、という感じ。
ゴール裏もがんばっていたし、僕もがんばったけれども、やはり「奇跡を...」というギリギリのモチベーションはナビスコで使っちゃって「充電中です」感が漂っていた。

川崎と鹿島とガンバが勝ってリーグでのACLも厳しくなってしまった。
それにしても、「3回同じチームに負けられない」発言の城福監督ですが、11回同じ相手に、ってどういうことですか!!!!!!

来年は蹴散らそう。そうしよう。
というわけで天皇杯に期待を込めて。

草津戦。NHKのBS観戦。危なさは無かったものの、一歩間違っちゃったら大変でしたね、というゲーム。
梶山と今野がいないとムービングできず。こんなゲーム、リーグの中盤にもあった気がします。
そんな中、米本は今回も圧巻。ナビスコMVPで自信もついて、周りもよく見えるようになって、梶山の代わりだウッシャーやったるで!的な進化で判断スピードが上がり無敵な感じのボランチに。
初対面のJ2チームはこのルーキーの存在にびっくりしたことでしょう。
塩田選手はちょっと錆付いてる感じで切ない。無理も無いけど、2点目とか。プロは厳しい。
草民君はチャンスを活かせず。執念というか、しつこさというか、まとわり付き感が足りない。がんばれドリブラー。
得点者は娯楽性満載の3名。中村北斗の無回転スライド弾はフリーキックの醍醐味が溢れてました!
平山のヘッド弾。ナビスコに続きいいもの見せてもらったので今後も継続を願う。
兎にも角にも4回戦へ。ベガルタ君に勝つと次はアイツだろう。宿敵、いやもはや親のカタキ的因縁さえ漂うヤツラ。
賞金返還デキレース・ミッションを遂行し、リーグではトップを死守。
今度こそのタイトルは取れるのか!?結構注目。
あ、天皇杯は無いですよ。順番的に次はウチなんで。


週末は天皇杯仙台戦あり、代表戦もありでまた楽しめます。

追記
書くの忘れてました。
草津の都倉選手は「むぅ〜りぃ〜」って言ってる女装したお笑いの人にとてもよく似てますね!

追記2
草津のサポブログでいいお話を紹介していたのでここでも紹介します!

http://kichoff.blog38.fc2.com/blog-entry-272.html
追記3

近藤選手は2重アゴを何とか...
posted by pepper at 00:10| Comment(0) | FC東京 雑感