logo3.bmp 2010年、バージョン3となる城福東京の進化は止まらない!味スタ満員を達成しよう! 

ban_tc2010_w428_mov.gif

2010年05月29日

映画「レフェリー」

すべてがリアル。
2008年のユーロ。
熱狂するスタジアムの歓声と、その中で飛び交うレフェリー達のインカムを通した会話。

その音質の差が、圧倒的な臨場感を作り出して引きずり込まれる。
見ているこちらまでアドレナリンが出てくる。

主審と副審と第4の審判のチームワーク。
フットボールのゲームに臨む第3のチームのように、控え室からグラウンドに向かう。

インカムで交わされる会話の内容はかなり衝撃。
これほどまでに密なやり取りをしていたのか、と驚くばかり。
一番の驚きは誤審の扱い。
判定の直後から誤審だったことを自覚し、その意識に苛まれながら判定を続けるレフェリー達。
決して誤審を隠そうとも黙っていようともしない態度に、日欧文化の違いを感じる。

ゲーム直後のミーティングでは、判定やゲームコントロールに関する厳しい指摘が飛ぶ。
そして、その技量によって早々に現地を離れて行く各国のレフェリー達。
準決勝や決勝でのレフェリングを目指す姿、それが叶わず大会を去らなければならない彼らの姿は、ゲームを裁く審判のイメージとはかけ離れ、まるで競技者のようだった。

夫が、息子が、父親がレフェリーを努めるゲームをテレビで見る家族たち。
自らもレフェリーだった父親は、息子が国際舞台で同じレフェリーとして活躍することに大きな誇りを感じている。
フットボールの歴史を感じる。

フットボールの知識が浅い僕にとってはまさに目からウロコ、初めて見る世界が広がっていた。
見てよかった。
そして、この時期に見てよかった。
W杯を見る楽しみが大分広がった。
皆様にもおすすめします。

上演したアップリンクはレストラン裏にあるホームシアターという感じ。
普通のイスが、高いもの、中ぐらいのもの、低いものという感じで置いてある。
大きいスピーカーが並んではいるが、僕の中の映画館のイメージとはかけ離れていた。
だけど、決して居心地は悪くない。緊密な雰囲気はこの映画に合っていた。

ただ、座席の高低差が少ないため、すぐ前に人が座ると座高の高さには定評のある僕でも、画面下に表示される字幕が見えなかった。
結局、途中で右サイドに移動したが、断然中央にいたときの方が映画を楽しめた。

整理券を配っているので、早めに行って整理券をゲットし、割引券を使ってお茶か食事をするのが良いかも。
最前列をとるか、前に座る人に応じて動けるポジションを確保するのが良いと思います。

日本のレフェリー達もああやってゲームに望んでいるのだろうか。
NHKあたりがドキュメンタリーやってくれないかな、Jリーグの。
日本での誤審の扱いを見ると望み薄かな。こんなに突っ込んだ取材はできないだろうなぁ。

posted by pepper at 00:56| Comment(0) | 日記

2008年05月06日

SajiloCafe〜吉祥寺〜

080505-01.jpgフットボールネタではありません。友人が吉祥寺に小さなカフェをオープンしました。
サジロ・カフェと読みます。
吉祥寺駅から徒歩7分。五日市街道沿い。
中々落ち着ける感じで、特筆は本格ネパール(インド?)カレー。
だって店主もシェフもネパール人だから当たり前。
タンドールという釜も設置され、焼き立てナンがこれまたうまい。

しゃれたカフェでありながらおいしいものも出し、
しかも店主は男前だ。イケメンだ。
吉祥寺方面にお住まいの方は是非寄ってほしい。

ただし、フットボール観戦は出来ない(テレビが無い)し、FC東京にもあまり興味が無いのが残念だ。
SajiloCafe(サジロ・カフェ)
posted by pepper at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記