logo3.bmp 2010年、バージョン3となる城福東京の進化は止まらない!味スタ満員を達成しよう! 

ban_tc2010_w428_mov.gif

2009年07月29日

広島、名古屋、そしてギャッツビー

広島戦は家族+友人で観戦。いつもいるゴール裏ではたくさんのフラッグが揺れ、チャントが早めに始まる。
気合入ってる感十分で、そこに居れない自分がもどかしいけれど、本日は僕の家族day。
ビールを飲み、カツサンドを食べまったりと「いま日本一面白いゲーム」を観戦するはずだったのに、ゴールは生まれず。
やっぱり、きっちりと対応してくるチーム相手では、まだまだ圧倒するだけのチーム力がいまの東京には無い訳ですね。それがはっきりわかりました。
ホントに強くなっていれば、石川ミドルの1本、コーナーキックから平山ヘディングの1本、徳永アーリークロスから平山左足の1本。どれか決まって1−0で勝ち点3=きっちり勝ちきる、というシナリオだったはずなんだよね。

勝っていれば勝ち点で2位と並ぶ3位で鹿追体制バッチリだったのに。
去年のこういう悔しさを思い出しました。

 

しかし、相手が引くということはポゼッションは俄然増え、陣地は敵方半分を掌握、攻め込む回数も増えて、普通に考えれば得点の確立も高まると思っちゃうんだけど、そうもいかないんだな。
相手にとって“危険な攻撃”を繰り返せば、回数が増える分、1ゴールできる確率は上がるはず。
ということは、まだ東京は危険な攻撃ができていない、ということ。
カウンターで得点が決まり易いのは守備の準備ができていないから。だったら、ゴール前のゴチャゴチャの中でも守備の準備をさせなければいいんだよね?
ワンプレイでのゴールの確率が低くても、ポゼッションできて陣地取ってればチャンスは多い訳だけら。

僕的には、ペナルティーエリアのゴチャゴチャの中央を平山が猛然と突進と同時にスルーパス、相手DFを寄せ付けず(手バリアーで)後ろから来たボールをそのままゴール!とか、そんな感じで動く平山に釣られ、ポッカリ空いた隣のスペースに米本突っ込み、早いパスをきっちり止めてゴールに流し込む、とかそういうの見たい。やっぱ平山よね〜。
あとは、シュートみたいなパスの方向変えてゴールとかね。赤嶺っぽいやつね。

 
まだまだ伸びシロがある俺の東京。夢も希望も東京にはある。いいシーズンだ。
 

さて、本日のカップ名古屋戦。吉祥寺界隈でテレビ観戦予定。
ウラミツラミを抱えてリベンジを狙うピクシーと愉快なシャチたち相手に、東京はどんな右肩上がりを見せてくれるか!前回同様ホント楽しみです!

 

おまけ
最近、あるチャントが頭の中から離れない。
The Stylistics の 「I can't give you anything」
ギャッツビーのCMで使ってる曲なんだけど、これのサビが
「あ〜 ユー キャンドゥ エーブリシーン じょーふくー じょうふくー」
って聞こえて、もうアタマの中で1日100回のパワープレイです。
http://www.gatsby.jp/tv/#/index/cm/collection

posted by pepper at 11:24| Comment(2) | FC東京 雑感

2009年07月19日

NO MOVING, BUT WON!

ナックファイブスタジアム、良いところでした!
大宮サポさんたち、うらやましい!
でももうちょっと入ればね〜。3万ぐらい。倍か。
もう選手が近い近い!平山がでかいでかい。
ちょっと思ったのは、この余白の無さで、東京のプレイヤーは遠近感というかスペースの感覚がなくなっちゃってムービングできなかったのかな?とか。思いました。

そう、ゲームの方は、NO MOVING!でした。
スタジアムのせいなのか、大宮のコンパクトなスタイルのせいか、お疲れのせいか。
セクシーなほど繋がるフットボールはお預け。
そんな中でも3ゴールとれるんだからすごいよね。
お互いパスミスの山。でもシュートまでいく東京と、シュートできない大宮。
はっきり言って、今日のゲームが大宮で助かった。
これが鹿島とかガンバとかだったら入れられちゃうよね。広島も。。。

大宮は状況判断、パス・クロスの精度、シュートの精度が全く無くて東京のミスをどんどん帳消しにしてくれました。
特にドゥドゥさん。ダメダメでしたね。大宮さんはなんかやばい買い物をしてしまった悪寒がします。

一方の東京。
ミスターロスタイムの平山君。
もう絶好調。ゴール裏もFCヒラヤマか!ってくらいコールしてましたよ。
足で2発だもんね。素晴らしい。
小さい振りで強いボールが蹴れるのは特殊な武器だね。
僕は石川より平山の方が代表に近いと思うんだよね。
倒れた後、瞬時に立ち上がれるようになったら代表決定です!いってらっしゃい!

石川君。止まっちゃったね。
でも今日も東京をぐいぐい引っ張ってました。
テレ玉の実況は石川がボールを持つたびに
「アブナイ!アブナイ!アブナイ!アブナイ!アブナイ!アブナイ!アブナイ!アブナイ!」
と絶叫してました。
で、ひとつだけ要望が。
相手の切り返しにもうちょっと付いていってください。お願いします。

他のみんなも体力的にきびしい中、よく頑張ってました。
ゆっくり休んでください。。。
あ、ひとり休んじゃ駄目な人が。

近藤君。やばいです。
追わない、競らない、収まらない、シュート打たないじゃ出番無くなっちゃうよ。

というわけで楽しい大宮遠征でした。
 
あ、書き忘れたことが。
平山主演の終了間際のコーナーショー。 
あれ、いらないです。見たくないです。
後ろからガツガツ蹴られるし、フットボールっぽくないし。
相手のサポーターにも失礼だと思うんだよなぁ。 
見ている人の心が動かないですよ。城福さん! 


で、次は広島。

ここが!ここが正念場です!間違いないです。
上位がそろって足踏みしてる中、東京は5連勝ですぐ上まで2ポイント差まできました。
去年もこんな状況があった!
で、負けまくりました。
ここが正念場!ってところで負けました。
今年は!今年こそは!
大事な大事な正念場できっちり勝つ!
何が何でも!ムービング無しでも!がむしゃらに!勝つ!勝つ!
ホームで勝つ!

広島さん、覚悟しておいてください。
posted by pepper at 02:13| Comment(2) | FC東京 雑感

2009年07月18日

大宮ごときには止められない

という、たいそうなタイトルで弱気な自分を奮いたたせる。
だって、連勝止めたくないじゃん。
石川の連続ゴール止めたくないじゃん。
ゴールがぱったり入らなくなるって考えるだけでも怖いじゃん。
dodoがスタメンなんてK-king対決でカボレ負けちゃったらどうすんの!?
とかとか。
でも本当は、心の底の方では、
「また、あのフットボールが見れる。早く見たい!」
なんて思ってるんだよね。
で、結局おとなしくお家で観戦計画を“見たい欲望”が乗り越えちゃって。
先ほどカテゴリー1のチケットを買いましたよ。4500円だよ。どうすんだよ。
でもナックファイブはじめてだしぃ。
目の前で展開されるム〜〜ビング〜〜フットボールみたいしぃ。
しょうがないよね。お金には変えられないよね。
奥様許してね。
というわけで、大宮戦楽しみにしてます。
さて、先日のナビスコ名古屋戦。ピクシー白旗って感じだったね。
ピクシーオレ!が出た時、ちょっとふてくされてた感じだったしね。
隣にいたらたぶん殴られてたけどね。遠くにいたから大丈夫だしね。
ちょっとawayが怖いけど。3点4点(訂正)差あるし。awayゴールは2点分だ2の次(※修正)だし、大丈夫!
あの時のゴール裏も良かったよ。もうオーレ、オーレ!で後押ししてさ。
ずーっと歌ってるよりずっと効果的にプレイヤーを戦わせてるよね。
かと思えば、ちょっと自信がぐらついた後半途中からルパンだし。自分の世界を忘れるな!ってさ。
で思ったわけです。
ゴール裏もムービングなんだ、って。
ゴール裏も右肩上がりなんだよ。
積み重ねてるんだよ、チームと一緒に。
なんか、すごいことになってる気がするんだよね、東京。
チームはバルサみたいだし(バルサ良く知んないけど)、
サポーターもどっかのヨーロッパの方のどっかの歴史いっぱいのチームのフットボールよく知ってんじゃん的なサポーターみたいだし。
楽しんでるし。変幻自在に楽しんでるし。
途中でコールやめて、じっと見ながらさ、オーレとかできないでしょ他のチーム。
いやもちろんゴール裏でコールリードしてる人たちがやってて俺なんかはそこにひっついてるだけだけどもだよ、でもそういうセンスを持ってるゴール裏って、東京のみだし。日本唯一(たぶん)だし。
ついでにチームは日本最強だし。
このままどこまでも、一緒にドライブしようぜ、ノンストップでさ。
なんて感じのロードムービー進行中なんだよね。
でさ、俺たちのロードムービーは、大宮ごときには止められない。
そういうことです。
スピード感抜群の今日この頃です。

posted by pepper at 00:07| FC東京 雑感

2009年07月15日

フットボールを楽しむ余裕

見事に勝利したリーグ名古屋戦。相変わらずJスポーツでの放送は木曜日ということでまだ反芻できず。
そんな中でも次のゲームはやってくる。明日は怒り心頭のピクシーにケツを叩かれた名古屋との戦い。
どんな戦いになるか、すごく楽しみ。
東京は好調のフォワード陣が先制点を早い時間に取れるかどうか。取れれば愉快な夏の夜が待っている。
名古屋はダビを使うのかどうか。負けず嫌いのピクシーの選択はいかに!?
さて、完勝に沸いた日曜日の味スタ。ゴール裏ではねまくっていたけど、結構な時間、コール無しの時間があった。
静かにゲームに注目してるって感じで。
しばらくは「サボってる場合じゃないでしょう?」なんて思ってたんだけど、良いプレイにはスタジアムが沸くわけですよ。
で、「おぉ、これっていい感じだなぁ」って。
中心部のみなさん、これってわざとですか?
まぁ、余裕の試合展開だったのもあると思うけど、こういうセンスって東京っぽくていいと思う。
セクシートーキョーも良いタイミングで出たし。
始め、なんて言ってるのか思い浮かばなくて「エフシートーキョッ!」って叫んじゃったけど。
ついでなんでゴール裏の服装についても一言。
僕はユニフォームなんだけど、東京のゴール裏は結構自由。多いのは紺かな。
オフィシャルあり、その他あり。
これもすごくいいと思う。この微妙に色が合ってるバラバラなゴール裏が、微妙にシンクロしてる風景も東京っぽくて良い。
オフィシャルも、その周りで東京を盛り上げてるお店も、ぜひぜひ頑張って素敵なゴール裏を演出してほしいと思ってます。
ということで余裕があるといろんな事を感じることができますね。
プレイヤーもそういう感じなんだろうな、いま。
明日のナビスコ名古屋戦。
ピクシーの顔をさらにゆがめてやりましょう。
posted by pepper at 00:43| Comment(0) | FC東京 雑感

2009年07月09日

ピンクに浮かぶプロの横顔

※433と442を間違えたので修正。失礼!
 

胸躍る開幕、442へのチャレンジ。
失意と決断の433。
転機を経ての442。
そして「反撃の夏」。
 
「僕には時間が必要だった」 
 
エルゴラのTOPを飾った城福監督のインタビューに心打たれた今夜。
 
プロフェッショナルの決断と幸運の巡り会わせ。
 
僕はこんなにも伝えてくれる監督に感謝しなければならないと思う。
こんなにも伝えられる監督が東京にいることに感謝すべきだ。
ありがとう。
伝えようと努力できる人が、伝える能力を持っている。
そして伝わる中身に心底納得してしまう。
さらに結果で示してくれる。
 
サポーターにとってこんな幸運はめったに無いことなのだと思う。
まさに、有難い。
 
今野への吐露。
こんな監督だからここにいる選手がいる。
選手も幸せだろう。
 
昨年の浦和や、今年の大分を見ていて感じたこと。
停滞は下降。
モチベーションは夢の大きさ。
 
僕たちは絶頂期を過ごしている。
人の欲望は際限ない。
昨日の夢を今日の結果が食いつくしてゆく。
 
本当の強さを手に入れるまで、みんなに時間がありますように。

posted by pepper at 01:45| Comment(0) | FC東京 雑感

2009年07月05日

書き忘れたこと

神戸15番の内山選手。
君、プレイちょっと汚いよ。
気持ちが見えるプレイに見えなくもないけど、手や肘の使い方が暴力的だよ。
フットボールじゃないよ、そのプレイ。
米本が倒された後もなんかやってたよね。ナオとかにもやってたよね。許さないよ、そういうの。 
主審がずいぶん見逃してたのも良くないけどね。
 
書き忘れたので単独エントリーになっちゃって申し訳ないです、神戸サポーターのみなさま。
posted by pepper at 18:04| Comment(2) | FC東京 雑感

東京の評価

そうです。僕はいやらしい人間です。
やっつけた対戦相手サポーターのBlogを読み漁り幸せを感じちゃういやな野郎です。
しかも今回はうっすらと、うれし涙まで出た。
人間失格ですか?失格でしょうね。
 
"完成度が違いすぎる"
"以前に対戦した時と比べて見違えた"
"これぞポゼッションというサッカーをやられた"
"個人のスキルの差...トラップのうまさとパススピードの早さは..."
"いまの東京はどことやっても負けないのでは"
 
相手チームのサポーターからの評価の内容が興味深い。
上記は一例だけど、城福東京が去年から目指しているフットボールをやっていると言われるようになった。
ホントにすごい。
 
良いチームを応援できて幸せだけど、鹿島とのポイント差がうんぬんとか、優勝目指して...なんてまだまだ思わない。
良いフットボールができるようになって、チームの中でプレイヤーたちが喜々として走りまわって、自分のストロングポイントが出せて。
その結果が勝利で、それが続いて優勝争いができたり、ACL圏内に入れたりして、みんなで同じ目標に向かって応援できれば素晴らしいと思う。
 
でも、俺の東京が常勝チームになるのはまだまだ後。
そうなるにはFC東京というシステム自体が一歩ずつステップしていかなくちゃいけない。
だから今は東京のフットボールをサポーターに、フロントに魅せつけてほしい。
この魅惑的なムービングフットボールをみんなが忘れないように。
 
反撃の熱い夏はこれからが本番。
幸せな2009シーズンをもっともっとスタジアムで満喫しよう。
posted by pepper at 17:05| Comment(0) | FC東京 雑感

2009年07月03日

うかれないでください

友人家族を連れての国立、最高だった!もう、こんな最高のゲームに連れて行けて。おれっちも鼻が高い!って感じです。
でも実は、家族と友人のビール調達でナオのゴールを見逃した。。。 トレイに乗ったビールを掲げて、ナ〜オ〜ってやりました。
 
さて、ようやく国立清水戦のビデオを見ました。
JCN武蔵野三鷹にはスカパーがなく、Jスポーツでの観戦になるんだけど、どうも東京のゲームは放映が遅い。2週続けて木曜日の夜に初放映。ま、やってくれるだけありがたいけど。
 
見て思ったのは、現地で感じたよりも薄氷の勝利だったこと。
なんと言ってもクリアのミスが多い。
 
このところの東京は素晴らしいゲームで僕たちの心をムービングしまくりなんだけど、「実力」を考えるとまだまだ。
上位チームと五分のゲームができるかと考えれば正直厳しい気がします。
言うまでもないけど、これからどんどん積み重ねて、上位とも渡り合えるチームになって欲しい!と今野先生の名言を噛みしめながら思うのです。
 
とは言いつつも、テレビ画面を通して見たプレイヤーたちの顔は、まさに"生きてる!"って感じ。
あちこち指さしながら声掛け合って。
2年前の東京にはまるっきり無かった光景が広がってる!これって素晴らしい。
パススピードもかなり上がってる。
去年の3月、FC東京を定点観測しようと思ってこんな項目でしばらくゲームを見ていた。
 

1.相手を置いていくような高速パスがあったか
2.1or2タッチで狙いのあるパスを出せたか
3.受け取った直後に狙いのあるドリブルからパスが出せたか
4.距離を詰めたディフェンスができたか
5.プライドを表現するディフェンスで戦えたか
6.2人目以上の連動したプレスができたか
7.攻撃時に3人以上の選手が走りこみ、相手陣内にスペースができたか
8.笛以外で勝手に判断したプレイがなかったか
9.ファールかそれに近いプレイの後でも最後までボールコントロールを試みるプレイをしたか
10.シュートは枠内に行ったか
11.ゴールキーパーの判断ミスは無かったか
12.試合中、指示をハッキリ出していたか

 
すごいと思う。これほとんど、1年ちょっとでできるチームになっちゃったよ、東京!
まだまだなところもあるけど、城福パワー、恐るべし。
だって、高卒ルーキーでもやってるんだよ!?あの頃はなぜできなかったのか不思議。。。
 
さて、明日は神戸には行けず。おそらくライブ観戦もできず。しかし、大事なゲームだってことはホント、感じてる。
現地組のみなさん。よろしくお願いします。勝たせてください。
心は神戸にあります。
posted by pepper at 22:52| Comment(0) | FC東京 雑感