logo3.bmp 2010年、バージョン3となる城福東京の進化は止まらない!味スタ満員を達成しよう! 

ban_tc2010_w428_mov.gif

2009年03月16日

赤い声に囲まれて

 

4回も歓喜の雄たけびに囲まれた。いや陵辱された感じ。
どんなに劣勢でもゲームが終わるまで応援するサポーターにとって、4回目の雄たけびを待つのは自殺にも似ている。
歓喜に沸き、席を立とうとしない赤いファン達のお陰で、帰りの通路が込まなかったことだけが唯一の救いだった。

10ヶ月の息子を連れての埼玉スタジアム。奥様の休日をアシストしようと息子を連れ出したが、とにかく寒い。
アッパーの指定席で雨は吹きこまなかったものの、冷たい風が容赦ない。息子には青赤フリースのフルスーツを着せ、ジャンパーで包み込んでの観戦。
ハーフタイム、トイレに行くだけでも大渋滞。空いているという下の階のトイレに行ったが、後半はとっくに始まりアッパーに戻る階段に入れずに右往左往。そうこうしている内に大きな歓声が聞こえて、ゴールのアナウンスが流れる。前半といい、後半といい、なんともあっけない。

ゲーム終盤、大竹のチェイシングに心を打たれたのと同時に悲しい気持ちにもなった。
終盤のカボレは明らかに諦めていた。自分一人が走っても他が付いてこなくなっていた。

開幕戦の後、佐原がこう言っていた。ピッチは戦争だと。
生きる死ぬと言うと物騒だが、選手生命と考えればフィールド内は正に戦争だ。
良くないと判断されれば次節のメンバー表から名が消え、代わりのプレイヤーが活躍すればその次も自分の名前は無い。
そんな戦争の場に立っていながら、必死のプレイができないのは戦争を意識する環境にいないからだ。
残念だけど、まだ今年のFC東京はそんな緊張感が無いのだろう。球際では当たり負け、または当たりに行かず、抜かれても追わない、倒れてもすぐに起きない。怪我が怖いのか。それなら家で寝てればいい。
漫画ジャイアントキリングの中で東京ヴィクトリーの持田君はこういっている。
“覚悟の
出来てねえ
奴なんか
サッカー
やめちまえば
いいんだ”
この連敗でそれを再び思い出してくれることを祈ろう。
試合後の羽生のコメントには僕が感じたことが語られている。
「一人ひとりが闘う姿勢をもっと示す必要がある。
中略
必死なプレーがあってこそ、結果につながる。
チームが大人しすぎる部分があるので、もっとガシガシやりたい」
やりたい、ではなく、やる、と言ってほしいなぁ。
大竹のコメントに「チームの雰囲気は悪くない」とある。
こんなゲームにぶち切れてむなぐら掴んで怒鳴りつけるような、そんなプレイヤーがいないということだ。
その役割は絶対に必要なんだから、羽生、思ってないでガシガシやってくれ、明日から。

とは言いつつも、シーズンはまだまだ始まったばかり。
城福監督がやろうとしている今年のフットボールと、勝点のバランスを操りながら、次節ホームからは右肩上がりで行こうぜ、東京。

posted by pepper at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 雑感

2009年03月14日

ユルネバの高揚感

浦和戦を前に、ビールを飲みながらPCに向かっている。
iTuneで買ったスカパラのアルバムを聞きながら。
もちろん曲はYou'll Never Walk Alone。

FC東京サポーターであって良かったと思える瞬間の1つは、スタジアムで歌うユルネバだ。
味スタで歌えば僕たちのホームスタジアムを、国立で歌えば首都東京を、Awayで歌えば僕らの団結を誇示する。
そして、FC東京と僕たちサポーターがおかれている状況によっても心を動かす歌である。
新潟戦では希望と期待と喜びを、そして浦和戦では覚悟と意地だ。
何度となく涙ぐみ、喉を詰まらせて歌ってきたユルネバ。

最高に盛り上げてくれるのは、THE MIDWEST VIKINGSのユルネバだ。
Walk onから始まっちゃう、いいとこ取りのユルネバ。
そして続くのは、Let's kick! Come boys! Never Never Give up!の怒涛のルーティーン。

赤いチームとは、サポーター気質の対照を競う場でもある。
そっちが規律ならこっちは自由。受動対能動。
完全Awayの中で歌うユルネバ。
今年も指定席から魂を込めて歌おう。

P.S.
佐原、君が正しい。

posted by pepper at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 雑感

2009年03月10日

敗戦での出発

諸事情で後半早々に味スタを後にした。
帰り道、一生懸命自転車をこぎながら信号待ちのたびにFC東京の携帯速報を更新した、カボレに期待して。
城福監督の言うとおり、開幕を待ち焦がれていた僕たちサポーターは悔しい思いをしたのだが、リーグは始まったばかり。これから右肩上がりで行けばいい。
後半をまだテレビでも見ていないのだが、権田には辛いデビュー戦となってしまった。
悔しさをばねに浦和戦への覚悟を決めてほしい。
前半、彼のキックの精度は素晴らしかった。ゴールキーパーからパスが来る、というイメージだった。
大丈夫。キミならやれる。
前半を見る限り、FC東京のプレイヤーは良いフットボールをやっていたと思う。
どうしても、個人でゴールをこじ開けるような強引さと最後の精度が足りずに枠内シュートが少ない。
佑介のゴールは素晴らしかったが。このへんは心意気次第だと思うので、ガンガン行ってほしい。
僕としては、ゴールにではなく赤嶺に向けてガンガンシュートを打ってほしい。反射板シュート。そして赤嶺は角度調節しながら身体で押し込め!

ゲーム前、ついに味スタでお披露目となった僕らのマスコット、東京ドロンパ。
今日、FC東京の方に
「インラインスケートでは後半バテバテでしたね〜」って聞いたら、
「リハで張り切りすぎたせいです」と。そうか、ドロンパもリハやってるんだね、当然。
さらに「あれって2ひきいるんですね〜」って聞いたら、「いや!一匹です!!」と即答された。
そうか。だったらもうちょっと「ドロン!と消えてパッと出る!」演出をしてほしかったなぁ。スモークの焚き方が。。。
まぁ、東京は良いキャラクターを手に入れた。さすが首都東京のチーム。Good Job!でした。

新潟サポーターは、ノブオコールしてくれたよね!?あれってすごい。新潟サポーター、ありがとうございました。
バス40台だとニュースで言っていた。去年の天皇杯準決勝ではFC東京もそんな感じでの遠征だった。
アレを毎回やるんだから新潟サポーター、熱いな。
ビッグスワンにお礼にいかないとね。差引でおつりが出るくらいゴールも決めよう。
再戦を楽しみにしておこう。

posted by pepper at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 雑感

2009年03月06日

新しい魔法を期待して

日本全国に散るJチームサポーターの鼻息が聞こえてきそうな開幕前夜。
今、この瞬間だけ、純粋に自分のチームの可能性を信じることができる。
この週末、ゲームの結果が出た後には、サポーター感情は様々なブログや掲示板でデジタル情報化し、絡まりあって神のみぞ知る方向へとwebの中を進み出す。
こうしてエントリーを書いていても、全サポーターの純粋な期待だけで成り立っているこの瞬間を大事にしまっておきたいような、妙な感情が湧いてくる。

去年の開幕戦、FC東京はセットプレーからの鮮やかなサインプレーでゴールを揺らした。
新戦力のエメルソンと羽生がつないだボールを、城福が残留させた今野が決めた、あのゴール。
あの瞬間、僕は(おそらく他の東京サポーターたちも、選手たちも)FC東京が生まれ変わったのを感じた。
城福東京への期待は早くも最高潮に達し、そして期待通りのシーズンになったのだった。

今日まで秘密主義をやり通した城福東京。今年も開幕戦で僕らに魔法を掛けてくれるだろうか。
味の素スタジアムを満員にできそうな、チームの匂いを感じたい。スタジアムの雰囲気を感じたい。
楽しいシーズンの幕開けだ。

posted by pepper at 23:36| Comment(3) | TrackBack(0) | FC東京 雑感

2009年03月02日

目標達成

昨日の夜、僕は明大前にいた。
青赤なオフ会に参加していた。
去年の3月7日にこのブログを立ち上げてから、もうすぐ一年。
立ち上げたきっかけの1つは(内緒だったが)「青赤なオフ会」に参加したい、であったので、目標の1つを達成できた。
 
前年の原トーキョーの影響で歪に矯正された青赤な僕の思考回路は、ブログの端々にネガティブな怒りを隠していた。でも城福トーキョーになってしばらく経つとそんな思考回路は不要だと気づき、いつの間にか路線変更。 エントリーの頻度も減ってしまったが、なんとか一年続けてこれた。
 
青赤なみなさんの、「FC東京は首都にチームとして強く、Jリーグを代表するチームならなければいけない」という勇ましい号令に感激した。
でも。本当は、僕はいまの、こんな東京が好きだ。
サポーターが集まれば、気軽に社長が顔を出し、得意なエリアからサポーターみんなが主張し、そして協調し、同じようにスタジアムに集い、主張し、協調する。
ゲーム運びに手堅い感じがなく、伸びしろに余裕が感じられ、人間性で集まったプレーヤーが爽やかにプレイする。
これでは本当に強いチームにならないとは思う。それでもこんなFC東京をもう少し応援していたい。
「このまま優勝しちゃうのがいいよね」 
お話しさせていただいた方の共感した一言。 
 
遅くまで居残り、酔っ払いに付き合わせてしまったLivreさんとあの場にいた方々、ありがとうございました。
楽しかった。開幕前の高揚感を仲間で楽しめる最高の会だった。
 
posted by pepper at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | FC東京 雑感